メインイメージ画像

電報の値段をチェックしてみましょう

電報の値段は、文字数から決まります。お祝い・お悔やみ電報と一般の電報は違う料金体系になっていて、一般電報の方が手頃です。また、漢字の電報とカナ電報があり、漢字電報の方が高価ですが、ほとんど漢字電報を使います。カナ電報は読み辛いからです。お祝い電報を漢字で送る場合は、25文字未満は700円です。

そのあと5文字に対して90円で増えていきます。一般の電報は25文字までが480円で、そのあとは5文字に付、60円必要です。差出人の方の住所や所属、氏名は電報の文字数のうちです。

お祝いとお悔やみのときの電報は、どのような紙で、またどのような台紙とともに送るかにより、値段は大きく違ってきます。ベーシック電報ならばただの薄い紙に印字されたもので、台紙の価格はかかりませんから必要なのは文字数による電報料金だけです。

お悔やみ電報の台紙は値段も様々で5、000円もかかる「うるし電報」、「七宝電報」、という3、000円のものや、1、000円くらいの「おし花電報」などあります。もっととても高価ですが、「プリザーブドフラワー電報」は電報と一緒にプリザーブドフラワーを届けていただけます。告別式に生花をお供えしたいけど、そこまではさすがにという人には、向いていますが、ネットで念入りに調べてから申し込んでください。

電報の値段というのは、文字数によってかかるコストと、選んだ台紙の価格の合計になります。お祝い電報やお悔やみ電報は、ただ要件を伝えるだけのものではなく、喜びと悲しみの気持ちも一緒に伝えるものなので、台紙のレベルを上げ、受け取った人の心に残るようにするのも一つの方法です。

結婚式の祝電は新郎新婦がずっと大切に取っておくでしょうし、弔電は、告別式にて披露された後、仏壇へお供えして、故人をしのぶよりどころとなります。

インターネットで申し込むと一通あたり40円の割引がつきます。
お祝い電報とお悔やみ電報は届ける日の三日前までに申し込めば157、5円の割引になります。ネットで申し込むと、文字や文字の配置の確認までできるので、便利です。

更新情報

ights Reserved.